TOP > 試合日程・結果 > 試合速報

試合結果・日程

2017明治安田生命J1リーグ 第4節

2017年3月18日(土)15:03KICKOFF 日立柏サッカー場

HOME 試合終了 AWAY

柏レイソル

0
  • 0 前半 0
  • 0 後半 1
1

ベガルタ仙台




90+1分 奥埜 博亮




90+1分 奥埜 博亮

得点
時間 チーム 背番号 名前 得点経過
(~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート)
90+1分 仙台 7 奥埜 博亮 中央 直接FK 14 → 相手DF カット こぼれ球 7 右足S
メンバー
監督
下平 隆宏
監督
渡邉 晋
位置 背番号 名前 シュート 位置 背番号 名前 シュート
前半 後半 前半 後半
GK 23 中村 航輔 0 0 GK 21 関 憲太郎 0 0
DF 13 小池 龍太 1 0 DF 25 菅井 直樹 1 0
DF 4 中谷 進之介 0 0 DF 27 大岩 一貴 0 0
DF 2 鎌田 次郎 0 1 DF 13 平岡 康裕 0 0
DF 22 輪湖 直樹 0 0 DF 5 石川 直樹 0 0
MF 14 伊東 純也 2 1 MF 18 三田 啓貴 1 0
MF 7 大谷 秀和 1 1 MF 17 富田 晋伍 0 1
MF 6 小林 祐介 0 0 MF 10 梁 勇基 0 0
MF 9 クリスティアーノ 3 1 MF 2 永戸 勝也 0 0
FW 19 中川 寛斗 1 0 FW 7 奥埜 博亮 0 3
FW 11 ディエゴ オリヴェイラ 1 1 FW 11 石原 直樹 0 1
位置 背番号 名前 シュート 位置 背番号 名前 シュート
前半 後半 前半 後半
GK 1 桐畑 和繁 GK 1 シュミット ダニエル
DF 26 古賀 太陽 DF 4 蜂須賀 孝治 0
MF 28 栗澤 僚一 0 MF 14 金久保 順 0
MF 17 手塚 康平 MF 26 藤村 慶太
MF 18 ドゥドゥ MF 31 茂木 駿佑
FW 10 大津 祐樹 1 FW 20 クリスラン 0
FW 8 武富 孝介 0 FW 30 西村 拓真
  • 警告・退場
    時間 チーム 名前 理由
    71分 仙台 三田 啓貴 反スポーツ的行為
  • 交代
    時間 チーム 交代
    60分  小林 祐介 → 栗澤 僚一
    72分 仙台  梁 勇基 → 金久保 順
    75分  中川 寛斗 → 武富 孝介
    79分 仙台  菅井 直樹 → 蜂須賀 孝治
    82分  伊東 純也 → 大津 祐樹
    87分 仙台  石原 直樹 → クリスラン 
  • 試合統計情報
    チーム 仙台
    45 90 項目 45 90
    15 9 6 シュート 7 2 5
    9 2 7 GK 12 8 4
    6 3 3 CK 0 0 0
    16 5 11 直接FK 17 8 9
    2 1 1 間接FK 4 1 3
    2 1 1 オフサイド 4 1 3
    0 0 0 PK 0 0 0
  • データボックス
    天候 晴のち曇 入場者数
     9,905人
    弱風 主審  松尾 一
    気温 16.2℃ 副審  八木 あかね
    湿度 25% 副審  平間 亮
    ピッチ 全面良芝、乾燥 第4の審判員  柿沼 亨
ハーフタイムコメント
【柏レイソル】下平 隆宏 監督
◆クロスに入っていく人数が少ない。チャンスにはしっかり飛び込め!
◆今日もしっかり走って、よく戦っている。最後まで続けて、この試合を絶対自分たちのものにしよう!
                             
【ベガルタ仙台】渡邉 晋 監督
◆引き続き、コンパクトにタイトに守ろう。
◆少ないチャンスをモノにしよう。スキを見逃さないこと。
試合終了後のコメント
下平 隆宏 監督
どちらに転がってもおかしくない展開だったが、アディショナルタイムに失点し、勝ち点3を落としたという印象のゲームになってしまった。相手は最後まで粘り強く守備をして、勝利への執念を切らさずに戦っていたが、こちらは前半からチャンスを多く作り続けたなかで、それを決めるべき時に決めていれば、勝ち点3を十分に獲れたという試合だった。選手は走ること、戦うことを約束してピッチに立ち、それを全力で出し切ってくれた。内容は下を向く内容ではなかったが、ただプロである以上、自分たちは結果を手にしなければいけないし、今日の内容を今後勝ち点3に繋げられるようにやっていきたい。
伊東 純也 選手
前半多くチャンスがあって、そこで点を取りきれなくてズルズル行ってしまった。そして最後にリスタートの部分で集中力が切れてやられてしまった。後半は勝たなきゃいけないと多少リスクを冒していたが、最後の部分は特に集中しないといけない所だった。試合の入りについては前からプレッシャーにいこうと話していて、上手くハマって、相手にボールを蹴らせて、マイボールにできて良い循環ができていた。チャンスもあったのでそこで決められていれば違う結果になったと思う。(小池とは)守備の部分では2人で上手く声を出し合ってできていたと思う。攻撃の部分では何回か崩せていたけれど、もっとできると思う。
中谷 進之介 選手
ゼロで抑えていれば何かあったと思うし、点を取れないし、最後の最後で守備が踏ん張り切れない。チームが噛み合っていない感じで難しい状況だが、何とかそこは変えないといけないし、選手達で話し合ってやっていきたい。この前のルヴァンの試合に比べたらプレッシャーのスピードも遅いし、セカンドボールに対しての執着心が足りない。浮いたボールに対して自分達ではなく相手が先に動いている。そういったことに対する反応はもっとできる部分だと思う。
輪湖 直樹 選手
後ろは0点に抑えないといけないし、少なくとも今日は0-0で終わらないといけなかった。今日だったらクロス。前線の選手はリュウ(小池)のクロスにもっと入っていかないといけない。ゴール前でそういった予測をする力が少なかった。アグレッシブに戦ったほうがレイソルらしさが出るし、前線の選手の良さもそっちの方が出てくると思う。今日の試合は負けてしまったが、激しく行くところはスタンダードにしないといけない。ポジティブに捉えるなら次に繋がる試合だったと思う。
鎌田 次郎 選手
最後はバタバタしてしまったし、勢いも仙台に行ってしまった。欲を言えば前半で点を取りたかった。試合を優位に進めていた時もあったので、点が取れなかったことが最後に痛く響いた。今日のテーマが「走ること」「戦うこと」「前からプレスをかけること」そこはできていた。「点を取ること」の部分で焦れてしまった。粘り強いチームというのは間違いなかったし、どっちが最後まで集中を保てるかという試合だった。
大谷 秀和 選手
今日はホームだし、もちろん勝ち点3を狙って戦っていたが、最後の最後に何も残らないのでは意味がないし、最低でも後ろは最後までゼロで抑えなければいけなかった。とにかく守備で前に前に行って相手を休ませないようにと。寛斗とディエゴが前から行ってくれて、後ろもそれに連動して前に行けていた。相手が蹴ったボールを拾って、良い流れを作れていたが、チャンスもあった中でゴールできなかった。監督がやろうとしていたことをチームとしてできていた部分もあったが、それが結果につながらなければいけないし、そこが大きな課題。みんなが危機感を持って戦っていたと思うが、より強い覚悟を持って戦わなければいけないし、次の広島戦はどんな内容であれ、結果にこだわりたい。

All Rights Reserved, Copyright (C) KASHIWA REYSOL