TOP > クラブ > ヒストリー > 年表 > 歴史年表 2016-2020

クラブ

歴史年表 2016-2020

1995年からJリーグを歩んできたレイソルの歴史です

2016

下平隆宏監督の抜擢に応え
アカデミー出身の若手選手が台頭

開幕から3試合でミルトン メンデス監督が退任し、クラブ生え抜きの下平隆宏監督が急遽就任。開幕からの7試合で3分4敗とJ2降格の危機にまで陥ったが、下平監督がアカデミー指導者時代から携わってきた若手選手を大抜擢すると、見違えるような戦いぶりで波に乗った。GK中村航輔、DF中谷進之介、DF中山雄太、MF小林祐介、MF中川寛斗らの活躍に加え、新加入のFWディエゴ オリヴェイラが得点を量産。ルヴァンカップも合わせると公式戦7連勝を達成するなどし、J1-1stステージは7位で終えた。

6月には前季のチーム得点王・FWクリスティアーノが甲府から半年ぶりに復帰。さらにチーム力を高めると、3連勝、5戦無敗など勝ち点を積み重ね、ステージ優勝やACL出場権獲得へ向けた年間順位3位以内も射程圏にとらえたが、終盤に痛い星を落とし、3シーズンぶりのACL出場はならなかった。

成績
J1-1stステージ 6勝6分5敗/20得点・21失点/7位
J1-2ndステージ 9勝3分5敗/32得点・23失点/5位
J1リーグ年間総合 15勝9分10敗/52得点・44失点/8位
YBCルヴァンカップ グループリーグ敗退(Bグループ4位)
天皇杯 ラウンド16敗退
リーグ戦チーム最多得点 ディエゴ オリヴェイラ(12得点)
Jリーグ表彰選手 クリスティアーノ(優秀選手)
中村航輔(優秀選手)
中谷進之介(優秀選手)
トピックス
1.16 新体制発表会でFW伊東純也選手ら9選手の加入を発表
3.12 ミルトン メンデス監督に代わり、下平隆宏監督が就任
4~5月 リーグ戦5連勝、カップ戦を合わせて公式戦7連勝を達成
8月 中村航輔選手がリオデジャネイロオリンピックに出場(2試合出場)
8.28 ディエゴ オリヴェイラ選手が川崎戦でハットトリック達成(クラブ史上15回目)
10月 中山雄太選手、中村駿太選手がU-19日本代表としてアジア選手権で初優勝。翌年のU-20ワールドカップの出場権獲得
12.20 Jリーグアウォーズでクリスティアーノ選手、中村航輔選手、中谷進之介選手が優秀選手賞を受賞
トピックス

2017

リーグ戦で破竹の8連勝達成!
ACLプレーオフ出場権を勝ち取る

下平体制が2シーズン目に入り、アカデミー出身選手を中心に、前線から連動したプレッシングと、ビルドアップからの攻撃がより成熟。リーグ戦序盤こそ躓いたが、4/16神戸戦の劇的な勝利を皮切りに、6/4浦和戦まで8連勝を達成するなど、一時は首位に立つ活躍を見せた。夏場は9試合連続無敗、ラスト5試合も無敗と、勝ち点を伸ばしリーグ戦4位でフィニッシュ。天皇杯の結果により、2015シーズン以来となるACLプレーオフ出場権を獲得した。

選手個人の活躍も目立った。GK中村航輔は5月に初めての日本代表入りを果たし、「5月J1月間MVP」「Jリーグベストイレブン」にも選出。DF中山雄太はU-20ワールドカップの中心としてベスト16入りに貢献し、Jリーグで最も活躍した若手選手に贈られる「ベストヤンクブレーヤー賞」「日本スポーツ大賞新人賞」「TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD」など数々の表彰を受けた。

J1リーグ 18勝8分8敗 49得点/33失点 4位
ヤマザキナビスコカップ グループステージ敗退
天皇杯 ベスト4
リーグ戦チーム最多得点 クリスティアーノ(12得点)
Jリーグ表彰選手 中山 雄太(ベストヤングプレーヤー賞)
中村 航輔(ベストイレブン)
クリスティアーノ(優秀選手賞)
トピックス
1.14 新体制発表会で小池龍太選手ら5選手の加入発表
4.8 大谷秀和選手がレイソル所属のみでのJ1通算300試合出場、クラブ史上初の快挙達成
5.25 中村航輔選手が日本代表に初選出される
5~6 中山雄太選手がU-20ワールドカップでベスト16入り
6.4 浦和レッズに1-0で勝利し、リーグ戦8連勝を達成
11.29 伊東純也選手が日本代表に初選出される
12.2 J1リーグ全日程を終了し、4位となる(1/1天皇杯決勝の結果によりACLプレーオフ出場権獲得)
12.5 Jリーグアウォーズで中山雄太選手が「ベストヤングプレーヤー賞」、中村航輔選手は「ベストイレブン」に選出
12.29 第97回天皇杯準決勝で延長戦の末、横浜F・マリノスに惜敗
トピックス

2018

異例の連続監督交代
勝ち点2及ばず3度目のJ2降格

1月30日のACLプレーオフに勝利し、3年ぶりのACL本選出場。幸先のよいスタートを切ったかに見えたが、前年の天皇杯準決勝からの休養や新チーム立ち上げが限られた影響からか、ACL、リーグ戦ともに勝ちきれない試合が続いて低迷。5月中旬に下平隆宏監督のあとを、加藤望ヘッドコーチが引き継ぎ、チームの立て直しをめざした。

加藤新監督のもと、韓国キャンプではハードなトレーニングを積み、新たなサッカーに取り組んだ。しかし再浮上を目指した後半戦、守護神・中村航輔が2度目の脳震盪により長期離脱を余儀なくされるなど、リーグ戦再開から4連敗。長崎戦、広島戦と大勝した試合もあったがそれが続かず、J2降格圏に陥る。残り2試合で岩瀬健監督にスイッチし、大阪勢との2連戦にすばらしい戦いを見えたが、勝ち点2及ばず、2009年以来のJ2降格となった。

成績
J1リーグ 12勝3分19敗 47得点/54失点 17位
AFCチャンピオンズリーグ グループステージ敗退
ヤマザキナビスコカップ ベスト4
天皇杯 3回戦敗退
リーグ戦チーム最多得点 江坂 任、瀬川 祐輔(9得点)
Jリーグ表彰選手 伊東 純也(優秀選手)
トピックス
1.10 新体制発表会で澤昌克選手ら10選手の加入発表
1.30 ACLプレーオフでムアントンを3-0で破り、本選出場を決める
4.4 ホームで全北現代に敗れ、ACLグループステージ敗退が決まる
5.13 下平隆宏監督の退任、加藤望ヘッドコーチの監督昇格を発表
5.31 中村航輔選手が「2018 FIFAワールドカップ」日本代表メンバーに
10.14 YBCルヴァンカップ準決勝第2戦、PK戦の末、決勝進出ならず
11.24 岩瀬健・新監督のもと、J1第33節・セレッソ大阪戦に3-0勝利も、J2降格決定
12.1 栗澤僚一選手が現役を引退
12.13 ネルシーニョ監督の5季ぶりの復帰を発表
トピックス

All Rights Reserved, Copyright (C) KASHIWA REYSOL