TOP > 試合日程・結果 > 日程・結果 > 2015 > AFCチャンピオンズリーグ2015 準々決勝第2戦

試合結果・日程

AFCチャンピオンズリーグ2015 準々決勝第2戦

2015年9月15日(火) 21:00 KICKOFF 広州天河スポーツセンター

AFCチャンピオンズリーグ2015 準々決勝第2戦
HOME 試合終了 AWAY

広州恒大

1
  • 1 前半 1
  • 0 後半 0
1

柏レイソル

30分 フアン ボーウェン
12分 クリスティアーノ
30分 フアン ボーウェン 12分 クリスティアーノ
得点
時間 チーム 背番号 名前
12分 KSW 30 クリスティアーノ
30分 GUA 16 フアン ボーウェン
メンバー
監督
スコラーリ
監督
吉田 達磨
位置 背番号 名前 シュート 位置 背番号 名前 シュート
前半 後半 前半 後半
GK 19 ゾン チョン - - GK 21 菅野 孝憲 - -
DF 5 ジャン リンポン - - DF 4 鈴木 大輔 - -
DF 6 フォン シャオティン - - DF 6 山中 亮輔 - -
DF 28 キム ヨングォン - - DF 13 エドゥアルド - -
MF 8 パウリーニョ - - DF 27 キム チャンス - -
MF 10 ジョン ジー - - MF 7 大谷 秀和 - -
MF 11 リカルド グラル - - MF 8 茨田 陽生 - -
MF 16 フアン ボーウェン - - MF 15 武富 孝介 - -
MF 25 ゾン チョン - - MF 25 小林 祐介 - -
MF 27 ジョン ロン - - FW 9 工藤 壮人 - -
FW 9 エウケソン - - FW 30 クリスティアーノ - -
位置 背番号 名前 シュート 位置 背番号 名前 シュート
前半 後半 前半 後半
GK 22 リー シュアイ - - GK 1 桐畑 和繁 - -
DF 3 メイ ファン - - DF 3 近藤 直也 - -
DF 17 リュウ ジエン - - DF 23 今井 智基 - -
DF 35 リー シュエポン - - MF 26 太田 徹郎 - -
MF 20 ユー ハンチャオ - - MF 28 栗澤 僚一 - -
MF 21 ジャオ シュリー - - FW 10 大津 祐樹 - -
FW 29 ガオ リン - - FW 77 エデルソン - -
  • 警告・退場
    時間 チーム 名前 理由
    58分 GUA フォン シャオティン
    62分 GUA ジャン リンポン
    85分 GUA キム ヨングォン
    85分 KSW 大津 祐樹
  • 交代
    時間 チーム 交代
    64分 KSW  小林 祐介 → エデルソン
    65分 GUA  ジャン リンポン → リュウ ジエン
    71分 GUA  フアン ボーウェン → ユー ハンチャオ
    76分 GUA  エウケソン → ガオ リン
    81分 KSW  工藤 壮人 → 大津 祐樹
    88分 KSW  茨田 陽生 → 近藤 直也
  • データボックス
    天候 高温多湿 入場者数
     48463人
    -- 主審  ALIREZA FAGHANI
    気温 28℃ 副審  REZA SOKHANDAN
    湿度 --% 副審  MOHAMMAD R.M.
    ピッチ -- 第4の審判員  MOOUD BONYADIFARD
試合終了後のコメント
吉田 達磨 監督
我々の、柏レイソルのACLが今日終わり、とても悔しいです。広州恒大という巨大な敵に1stレグも、2ndレグも我々はプレーしたと思っていますし、そう確信しています。ファーストレグの1-3というスコアが最後まで我々の道を晴れたものにしてくれませんでした。とにかく1stレグも2ndレグも我々が思い描いた通りのプレーをし、プレッシャーに負けず、スペースを探し、ボールを動かした。ただ焦りはありました。技術的なミスもありました。今日は何度も決定的なピンチを作られましたが、我々は何度もチャンスを作りました。我々は負けをすでに受け止めていますし、広州にはおめでとうと言いたい。我々の選手たちは本当によく戦ったと思いますし、ここを勝って世界へという、我々が大事に思っている、今日も声援を送ってくれたサポーターからのその言葉を達成することはできませんでしたが、我々は堂々と胸を張って柏に帰れると思っています
クリスティアーノ 選手
第1戦がああいった形で負けてしまって、そのうち2点がオフサイドの様な所があったり、スーパーゴールが決まるなど不運なことが続いた。2戦目に関しては、良いプレーができたと思っているし、良い試合だった。ACLは残念な結果になってしまったけれど、まだJリーグと天皇杯が残っている。その試合に集中して準備していくしかない。
菅野 孝憲 選手
敗退、これが現実。力のある人が勝つ。次の舞台がJリーグと天皇杯しか残っていないので、そこで勝って、またこの舞台に戻って来られるように個人の努力をしていくしかない。明日からまた切り替えて練習して、1人1人が力を高めていきたい。結果的に個人の選手、個人のポジションの力が足りなかったし、その中で僕個人のキーパーとしての力も足りなくて責任を感じている。自分の実力を上げて、またここに戻ってきたい。サポーターの方は最後まで信じてくれていて、すごく力になったけれど、それに応えることができなくて情けない。またこの舞台に戻って来れるようにJリーグ、天皇杯、また目の前の試合に勝つことだけを考えて頑張りたい。
鈴木 大輔 選手
優勝を目指してやってきたなかで敗退。広州に圧倒されて負けたわけではなく、自分達が目指しているものは表現できた。ただ、ちょっとした所の勝負強さ、勝負の内容で力負けしたところがあった。自分達がボールを握れる時間帯と相手に押し込まれる時間帯があって、押し込まれる時間帯には耐えることができて、より多く自分達がゲームコントロールすることはできていたと思う。この悔しさをバネに、リーグ戦、天皇杯を獲りにいきたい。

サイトマップ推薦環境について個人情報保護に関してよくあるご質問お問い合わせ・ご意見リンクEnglish

サイトマップ推薦環境について個人情報保護に関して
よくあるご質問お問い合わせ・ご意見リンクEnglish

All Rights Reserved, Copyright (C) KASHIWA REYSOL