TOP > クラブ > ヒストリー > 歴史年表 2016-2020

クラブ

歴史年表 2016-2020

1995年からJリーグを歩んできたレイソルの歴史です

2016

下平隆宏監督の抜擢に応え
アカデミー出身の若手選手が台頭

開幕から3試合でミルトン メンデス監督が退任し、クラブ生え抜きの下平隆宏監督が急遽就任。開幕からの7試合で3分4敗とJ2降格の危機にまで陥ったが、下平監督がアカデミー指導者時代から携わってきた若手選手を大抜擢すると、見違えるような戦いぶりで波に乗った。GK中村航輔、DF中谷進之介、DF中山雄太、MF小林祐介、MF中川寛斗らの活躍に加え、新加入のFWディエゴ オリヴェイラが得点を量産。ルヴァンカップも合わせると公式戦7連勝を達成するなどし、J1-1stステージは7位で終えた。

6月には前季のチーム得点王・FWクリスティアーノが甲府から半年ぶりに復帰。さらにチーム力を高めると、3連勝、5戦無敗など勝ち点を積み重ね、ステージ優勝やACL出場権獲得へ向けた年間順位3位以内も射程圏にとらえたが、終盤に痛い星を落とし、3シーズンぶりのACL出場はならなかった。

成績
J1-1stステージ 6勝6分5敗/20得点・21失点/7位
J1-2ndステージ 9勝3分5敗/32得点・23失点/5位
J1リーグ年間総合 15勝9分10敗/52得点・44失点/8位
YBCルヴァンカップ グループリーグ敗退(Bグループ4位)
天皇杯 ラウンド16敗退
リーグ戦チーム最多得点 ディエゴ オリヴェイラ(12得点)
表彰選手 クリスティアーノ(優秀選手)
中村航輔(優秀選手)
中谷進之介(優秀選手)
トピックス
1.16 新体制発表会でFW伊東純也ら9選手の加入を発表
3.12 ミルトン メンデス監督に代わり、下平隆宏監督が就任
4~5月 リーグ戦5連勝、カップ戦を合わせて公式戦7連勝を達成
8月 中村航輔選手がリオデジャネイロオリンピックに出場(2試合出場)
8.28 ディエゴ オリヴェイラ選手が川崎戦でハットトリック達成(クラブ史上15回目)
10月 中山雄太選手、中村駿太選手がU-19日本代表としてアジア選手権で初優勝。翌年のU-20ワールドカップの出場権獲得
12.20 Jリーグアウォーズでクリスティアーノ選手、中村航輔選手、中谷進之介選手が優秀選手賞を受賞
トピックス

All Rights Reserved, Copyright (C) KASHIWA REYSOL