TOP > クラブ > ヒストリー > 歴史年表 2016-2020

クラブ

歴史年表 2016-2020

1995年からJリーグを歩んできたレイソルの歴史です

2016

下平隆宏監督の抜擢に応え
アカデミー出身の若手選手が台頭

開幕から3試合でミルトン メンデス監督が退任し、クラブ生え抜きの下平隆宏監督が急遽就任。開幕からの7試合で3分4敗とJ2降格の危機にまで陥ったが、下平監督がアカデミー指導者時代から携わってきた若手選手を大抜擢すると、見違えるような戦いぶりで波に乗った。GK中村航輔、DF中谷進之介、DF中山雄太、MF小林祐介、MF中川寛斗らの活躍に加え、新加入のFWディエゴ オリヴェイラが得点を量産。ルヴァンカップも合わせると公式戦7連勝を達成するなどし、J1-1stステージは7位で終えた。

6月には前季のチーム得点王・FWクリスティアーノが甲府から半年ぶりに復帰。さらにチーム力を高めると、3連勝、5戦無敗など勝ち点を積み重ね、ステージ優勝やACL出場権獲得へ向けた年間順位3位以内も射程圏にとらえたが、終盤に痛い星を落とし、3シーズンぶりのACL出場はならなかった。

成績
J1-1stステージ 6勝6分5敗/20得点・21失点/7位
J1-2ndステージ 9勝3分5敗/32得点・23失点/5位
J1リーグ年間総合 15勝9分10敗/52得点・44失点/8位
YBCルヴァンカップ グループリーグ敗退(Bグループ4位)
天皇杯 ラウンド16敗退
リーグ戦チーム最多得点 ディエゴ オリヴェイラ(12得点)
表彰選手 クリスティアーノ(優秀選手)
中村航輔(優秀選手)
中谷進之介(優秀選手)
トピックス
1.16 新体制発表会で伊東純也選手ら9選手の加入を発表
3.12 ミルトン メンデス監督に代わり、下平隆宏監督が就任
4~5月 リーグ戦5連勝、カップ戦を合わせて公式戦7連勝を達成
8月 中村航輔選手がリオデジャネイロオリンピックに出場(2試合出場)
8.28 ディエゴ オリヴェイラ選手が川崎戦でハットトリック達成(クラブ史上15回目)
10月 中山雄太選手、中村駿太選手がU-19日本代表としてアジア選手権で初優勝。翌年のU-20ワールドカップの出場権獲得
12.20 Jリーグアウォーズでクリスティアーノ選手、中村航輔選手、中谷進之介選手が優秀選手賞を受賞
トピックス

2017

破竹の8連勝で上位争いに食い込む
リーグ戦4位でACLプレーオフ出場権を掴む

2シーズン目の指揮となった下平隆宏監督のもと、前シーズンにも増して充実のシーズンを送った。GK中村航輔の好セーブやFW伊東純也の攻撃力が光り、4月から6月にかけてはリーグ戦8連勝を飾り、一時は首位争いにも加わった。ただ7月のC大阪、鹿島との上位対戦で連敗すると、夏の暑さの影響もあってか運動量を求められるアグレッシブな戦いに陰りが見えた。

それでも自陣からのビルドアップ、前線のスピードを生かした攻撃で勝ち点を積み重ねていくと、ラスト5試合を2勝3分けで乗り切って、リーグ戦4位に。またACL出場権を懸けた天皇杯は惜しくもベスト4で惜敗。しかしその後の天皇杯決勝の結果により、2015シーズン以来となるACLプレーオフ出場権をつかんだ。中村の活躍は多方面から認められ、日本代表、Jリーグベストイレブンにも選出された。

成績
J1リーグ 18勝8分8敗 49得点/33失点 4位
YBCルヴァンカップ グループステージ敗退
天皇杯 ベスト4
リーグ戦チーム最多得点 クリスティアーノ(12得点)
表彰選手 中村 航輔(ベストイレブン)
中山 雄太(ベストヤングブレーヤー賞)
伊東 純也(優秀選手賞)
クリスティアーノ(優秀選手賞)
トピックス
1.14 新体制発表会でユン ソギョンら5選手の加入発表
5.25 中村航輔選手が日本代表に初選出
6月 4/16神戸戦からのリーグ戦連勝を、6/4浦和戦で「8連勝」まで伸ばす
6月 中山雄太選手が「FIFA U-20ワールドカップ」に出場しベスト16に。
11.29 伊東純也選手が日本代表に初選出
12.5 Jリーグアウォーズで中村航輔選手が「ベストイレブン」、中山雄太選手が「ベストヤンクブレーヤー賞」を授賞
12.20 中山雄太選手が「日本プロスポーツ大賞 新人賞」を授賞
トピックス

All Rights Reserved, Copyright (C) KASHIWA REYSOL